Skip to main content

winner5.png

2014 WINNER

川口 加奈

PROJECT: HUBchari
WEBSITE: www.homedoor.org


HUBchari は地域での自転車シェアの活動を通し、大阪の2大社会問題:ホームレス問題と大量の放置自転車の問題の解決を目指しています。ホームレスの人々は自転車修理のトレーニングを受け、収入を得ることで、貧困の悪循環から抜け出すことが可能になり、またホームレスにまつわる偏見も払しょくすることが出来るようになります。現在までに、HUBchariは20か所で活動を行い、80名のホームレスの人々に職を提供しました。

tosayama3.png

山本 堪

PROJECT: 土佐山アカデミー
WEBSITE: tosayamaacademy.org


日本の人口のほぼ70%は都市部に居住しています。これだけ都市部に移住する人が多い中、田舎に残ることを決めた人たちのために何かできることはあるでしょうか?Tosayamaはこの社会問題の1つの解決策として、ローカルアカデミーを創立し、都市居住者が自然について学べる場、田舎のコミュニティーや伝統・歴史などを学べる場を提供しています。

eeducation.png

三輪 開人

PROJECT: e-Educationプロジェクト
WEBSITE: eedu.jp


" Best classes to all corners of the world" (世界のどこにいても、最高の授業を)を基本コンセプトに、E-ducationは有名校の教師による授業のDVDを作成し、途上国の田舎などで良質の教育を受ける機会を得ることの難しい子供たちに、DVDを無料で届けています。2010年のプログラム開始以降、世界10か国に展開、4,000名以上の中学校・高等学校の生徒がこのビデオ教育プログラムの恩恵を受けています。

edaya.png

山下 彩香

PROJECT: EDAYA
WEBSITE: edaya-arts.com


Edayaは、フィリピン・ルソン島北部の、消えゆく先住民族の生活にインスピレーションを得たデザインのジュエリーブランドです。 古来の用具を使用した竹細工を継承し、持続可能なブランドとしていくことを目標とし、貧困に苦しむ地方コミュニティーに、生計の手段を提供しようとしています。生産は現地で行い、製品の販売は日本で行っています。

arrowarrow.png

堀江 由香里

PROJECT: 日本の働き方を変える!産休!Thank you!プロジェクト
WEBSITE: arrowarrow.org


日本において、第一子出産後に女性が職場へ復帰する確率は、ほんの38%です。Sankyu Thank Youは、子育て後に職場復帰を目指す女性に、より柔軟性のある選択肢を提供することを目標としています。その実現のため、支援活動(成功例のケーススタディシェア/事業主への啓蒙活動)や、中小企業が変革をよりスムーズに実行するために必要な助成金の資金集めを行っています。